刀: 濃州関住兼俊作

ご注文番号:AS20534
刀:白鞘入り、拵え付き(保存刀剣)
銘: 濃州関住兼俊作(昭和)

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は 濃州関住兼俊作(昭和) としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:素銅地一重
刃長:67.0センチ
反り:1.2センチ
目釘穴:1個
元幅:3.02センチ
先幅:2.15センチ
重ね:0.65センチ
刀身重量:725 グラム
時代:昭和 戦時中
体配:身幅が広く重ね厚く反り適度に付き中鋒となり、生刃が長く残る。
地鉄:小板目肌よく練れて地沸がつき綺麗な地金
刃紋:小沸出来匂口やや深めに互の目乱れ尖互の目を交え刃中に金筋が見て取れる。帽子一枚風に返る。

特徴:濃州関住兼俊作(昭和)は本名村上喜之と称し関刀剣株式会社専属で元帝国陸軍受命刀匠であった。

拵:
鍔:鉄鍔に水車と波、葵の葉を彫る
縁頭:赤銅地
鞘:こげ茶色石目地鞘
目貫:獅子の図柄を高彫し金で色絵をほどこす
鐺:四分一地

葵美術より一言:本作は戦時中に岐阜で制作された兼俊の作品です。 戦時中は陸軍において帝国陸軍受命刀匠として活躍し
数多くの作品を制作しました。 本作は出来が良く相当力を入れて制作したと考えられます。拵えは鍔、目抜きなどは時代の古いものを使用し柄糸は皮の紐でしっかりと制作されております。

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

オークション開始価格: 300,000円

落札者あり


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ