刀::伊勢守藤原岩捲信貞 (美濃・寛永頃)

御注文番号:20338
刀:拵え入り(保存刀剣)(委託品)
銘:伊勢守藤原岩捲信貞 (美濃・寛永頃)

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は伊勢守藤原岩捲信貞としては 上々作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:素銅一重
刃長: 67.2 センチ
反り: 1.4 センチ
目釘穴: 2 個
元幅: 2.87センチ
先幅:1.98 センチ
重ね: 0.71センチ
刀身重量: 645 グラム
時代: 江戸時代寛永頃 1624年
体配:磨り上げ、区送りがあるが銘は完全に残り
伊勢守藤原岩捲信貞とある
身幅、重ねしっかりとして反り適度に付き切先が伸びる。
地鉄:小板目肌良く練れて地錵が良く付き奇麗な澄んだ地金となる。
刃紋:錵出来互の目乱れ、尖り互の目乱れが交じり足入り、帽子丸く返る。

特徴:伊勢守藤原岩捲信貞は美濃の刀工で美濃清水に住し
刃紋は匂出来に近い。一見すると新々刀横山一派に
柔らかさを加えた風情ある作品で地鉄に一点の弛みがなく
明るく冴えた作品です。

拵:
鍔:円形の鉄鍔に唐草模様に龍を高彫りし、透かし、金色絵をほどこす。南蛮鍔
縁頭:鉄地に桜の花びらを金で色絵を施す
鐺 鉄地に桜の花びらを金で色絵を施す。
鞘:黒地に雲の図柄を一面に彫る
目貫:鉄地の文様を高彫りし、金色絵をほどこす。

葵美術より一言:一般的に美濃の作品は地金が荒れたり瑕欠点が出てくるものですが
本作は瑕欠点がなく精良な地金に華やかな互の目乱れの作品となります。
      

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 400,000円

ご注文はこちら



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ