刀:飛騨守藤原氏房(と銘がある)

ご注文番号:18382

刀:白鞘入り、拵え付き(委託品)

銘:飛騨守藤原氏房(と銘がある)

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は上作にランクされる作品です。
上研磨済み
はばき:金着一重
刃長:2尺3寸1分5厘 (69.7センチ)
反り:5分  (1.515センチ)
目釘穴:1個
元幅:2.84センチ
先幅:2.21センチ
重ね:0.7センチ
時代:江戸時代後期頃の作
体配:身幅尋常で重ね厚く反り適度に付き
切先が延びた体配の作品
地鉄:板目肌良く練れて地錵が付き地景が激しく働き
肌目が良く見てとれる。
刃紋:錵出来、匂口深く丁字乱れとなり
尖り刃を交え刃縁が柔らかく刃中、砂流
金筋が働き湯走が入る。
帽子:乱れ込んで火焔風となり切先、掃掛となる

特徴:銘には飛騨守藤原氏房と銘がありかなり、
良く切れておりますが氏房の作品とはかなり異なり
出来からは江戸時代末期の直勝の作品と似ております。
体配が良く地金は板目肌に地景が良く入り練れて
肌目が良く見てとれ激しい錵出来、匂口の深い丁字乱れとなります。
誠に良く出来た作品であるだけに銘を入れた事が悔やまれます。

拵:
鍔:円形の鉄鍔に耳を広くとり地には獅子と
牡丹を高彫りし金と銀の色絵をほどこす。
縁頭:銀地に鬼の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。
鞘:焦げ茶色石目地鞘
目貫:赤銅地で獅子の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。
こじり:銀地に縁を金線で彩る

葵美術より一言:残念ながら銘は刀の制作年代と
地金、刃紋を見た結果正真とは思えません。
恐らく新々刀の直勝あたりの作品の銘を入れたと考えられます。
出来は地金が良く地景が良く入ろ激しい
匂口の深い丁字乱れとなり出来が優れているだけにおしまれます。
拵えは見事な作品でしっかりとした小道具が使用され制作されております。
鑑賞用として高級居合刀として好適と考えます

葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 450,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
委託販売規約、及び刀の買い取りについてをご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ