刀:靖憲/昭和十一年二月吉日

ご注文番号:18511

刀:白鞘入り(保存刀剣鑑定書)

銘:昭和十一年二月吉日
靖憲

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は靖憲としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
ハバキ:素銅地一重
刃長:71.3センチ
反り:1.8センチ
目釘穴:個
元幅:3.18センチ
先幅:2.09センチ
重ね:0.76センチ
刀身重量: 790グラム
時代:昭和 戦時中(1936)
体配:身幅が広く重ね厚く昭和刀としては長寸で
切先やや長く生刃が5cm程残る。
地鉄:小板目肌よく練れて地錵が付き無地風の詰んだ地金となる。
刃紋:錵出来直刃にのたれが交り足が良く刃中に入る。
帽子、丸く綺麗に返る。

特徴:靖憲は本名小谷憲三といい、明治四十二年(1909)に広島県で生まれた。
昭和八年(1933)に梶山靖徳の先手として日本刀鍛練会に入会。
昭和十年(1935)に林陸軍大臣より刀匠銘靖憲を受銘。
第二回陸軍軍刀展覧会会長賞を受賞。奉納刀の作刀も行い、
約1600振を製作した。昭和十三年(1938)には自宅にも鍛練場を開設
親類や友人の為に造刀を開始し、銘は武憲と切った。
本作はおそらく来国俊、国行あたりを狙って作刀したものと思われる。
最近研磨が施され、地鉄の良さと、刃の中の微細な働きが見所の優れる刀となった。

葵美術より一言:本作は靖国刀としては71.3cmと長く珍しい。 
身幅も重ねもしっかりとしており、本作は古刀写しの作品で来
国光当たりを写して見事に精巧した作品です。
靖国刀では靖徳に次いて有名な刀工であり又これほど長寸の作品は極めて少なく
特別な注文によって製作された作品と考えられます。 明るく冴えて美しい地金と刃紋です。
昨今靖国刀が急激に市場から消えてしまいました。
どうか貴重な靖国刀で長寸である作品を是非お求め下さい、

保存刀剣鑑定書 
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 700,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ