軍刀:長光

ご注文番号:18497

刀:白鞘入り、拵え付き(保存刀剣)
銘: 長光

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は長光としては上作にランクされる作品です。

研磨済み
はばき:素銅地金色絵一重はばき
刃長:63.6センチ
反り:1.6センチ
目釘穴:1個
元幅:3.2センチ
先幅:2.85センチ
重ね:0.7センチ
時代:昭和 戦時中
体配:やや短めで身幅が広く重ね厚く反り適度に付き切先の延びた体配の良い作品。
地鉄:小板目肌よく詰んで無地に近い肌目となる。
刃紋:錵出来に直刃基調に小互の目乱れが混じり小足が良く働く、帽子、丸く返る。

特徴:戦時中岡山刑務所の所長であった江村繁太郎は、刑務所内で本来真面目な受刑者の更生を願って日本刀の制作を行い、数多くの日本刀を制作した。
当時岡山県の刀工であった市原一龍子長光を招き、ともに囚人達を相手に刀剣制作の指導にあたった。
長光は陸軍受命刀匠として当地では名が知られ陸軍々刀技術奨励会入選した刀匠であります。
江村は岡山刑務所の所長で日本刀制作工場を刑務所内に造り、研磨も所内でほどこしたとされている。
長光と江村とでは多少作風に異なる部分があり、今後の研究に待たれる。
江村は制作された刀剣を刑務所内の研磨場で研磨がほどこした為かなり下地がきちんと研磨され水準以上の作品が多い。
長光も同様に刑務所内で囚人を使い日本刀の制作を行わせたと考えられます。

拵:陸軍軍刀拵え 昭和18年制 主に長光や江村の刀剣が入っている事が多い一貫巻の柄糸と鮫皮全体に漆をかけ、
目釘を2本とし、鯉口を防塵2分割式に変更、暗色塗装、装飾の簡略化がなされより堅牢な刀となった。

葵美術より一言:長光の研磨はかなり乱暴な研磨が行われていた為姿形の悪い作品が多く地金、
刃紋もその出来にかなりのばらつきがある。しかしながら中には靖国刀を超えた面白さのある作品もあり現在研磨をほどこすと地金の良い素晴らしい作品が存在します。
恐らく研磨は最近ほどこされたと考えられ戦時中の荒い研磨とは異なり鑑賞用として楽しめる作品です。
今後は入手難となりますし出来の良い作品は値上がりが期待出来ると考えます。

時代背景:戦時中

葵美術評価鑑定書:保存刀剣鑑定書
全身押し形

価格: 300,000円(消費税、送料共)

商談中 HOLD



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ