刀:長光

ご注文番号:16366

刀:拵え入り
                             
銘:長光

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は 上作としてはにランクされる作品です。
研磨済み
はばき:素銅一重
刃長:66.6センチ
反り:1.7センチ
目釘穴:1個
元幅:3.44センチ
先幅:2.58センチ
重ね:0.75 センチ
刀身重量:800グラム
時代:戦時中
体配:身幅が広く重ね厚く、初刃を残し、
反り適度に付きがっしりとした刀で切先が伸びる。
地鉄:小板目肌良く詰んで無地に近い。
刃紋:錵出来、互の目乱れに直刃、のたれが混じり足が入る。
帽子、丸く返り表に丸い刃紋を焼く。

特徴:時中岡山刑務所の所長であった江村繁太郎は、
刑務所内で本来真面目な受刑者の更生を願って、
日本刀の制作を行い数多くの日本刀を制作した。
当時岡山県の刀工であった市原一龍子長光を招き
同様に囚人達に刀を制作させた。
長光は陸軍受命刀匠として当地では名が知られ
陸軍々刀技術奨励会入選した刀匠であります。
江村は岡山刑務所の所長で日本刀制作工場を刑務所内に造り
出来上がった日本刀を研磨する場所を設けて
研磨をほどこしたとされている。
銘は長運斎江村、備州長運斎江村作、江村作、江村、
その他の銘を茎に刻んだ。
作風は長光と江村とでは異なる部分があるのは
今後の研究に待たれる。

拵:
鍔:木爪形型鐵鍔に刻印で文様を描く
縁頭:素銅地で龍の図柄を高彫りし、銀色絵をほどこす。
鞘:黒呂色鞘
目貫:真鍮値で人物を彫る

葵美術より一言:一般的に戦時中に制作された刀は
昭和刀と称され今まであまり評価はされてこなかった。
その理由は無鍛錬刀の存在があります。  
しかしながら良く鍛錬されている作品も多く昨高く評価をされる
作品もあるのです。それと当時制作された数多くの作品は
研磨が極めて雑であった事も原因の一つかも知れません。
本作は市原一龍子長光が岡山刑務所の受刑者に制作した作品です。  
がっしりとした健全な作品でもっと丁寧に研磨がなされれば、
良い地金の良さは引き出されると考えます。

時代背景:戦時中

保証:保存刀剣
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 370,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら

 


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ