刀:長光(保存刀剣)

ご注文番号:22291
刀:白鞘入り、拵え付き(保存刀剣)

銘:長光 
昭和:岡山
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は 長光 としては 上々作 にランクされる作品です。
研磨済み
鎺:素銅一個
刃長:64.4センチ
反り:1.5センチ
目釘穴:1
元幅:3.1センチ
先幅:2.3センチ
重ね:0.65センチ
刀剣重量:770グラム
時代:昭和戦時中
体配:身幅が広く重ね厚く反りのある
切先ののびた体配の良い作品です。
地鉄:小板目積んで無地に近い地鉄となる。
刃紋:沸出来直刃に細かな互の目乱れに足が良く働き小足、葉が良く働く、帽子丸く返る

特徴:長光は戦時中岡山県の刀工、姓は市原で、元陸軍受命刀匠であった。 陸軍軍刀技術奨励会に入選する。岡山県の刀工として活躍していた当時、岡山県の刑務所所長だった江村氏が模範囚を将来のために手助けしたいと考え、長光を刑務所に迎え作刀技術指導をお願いし、また自身も作刀の仕事に携わったと言われている。市原氏は囚人には研磨を行わせ、中には江戸時代の新新刀に見えるような作品も製作しております。

拵:
鍔:竪丸形の鉄鍔に紅葉と松の葉と蜘蛛を彫った作品です。江戸時代後期頃
縁:赤銅に秋虫の図柄を高彫りし金で色絵を施す  光仲と思われる 
頭:素銅地に松の葉を高彫りする。
鞘:焦茶色鞘
目貫:赤銅地で馬を高彫る。

葵美術より一言:本作の出来は小ずんだ互の目乱れで足が良く働き長光としては出来の良い作品と考えます。拵えは江戸時代の作品で統一しております。是非お勧めしたい作品です。

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形 鶴田文佳

価格:450,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら





当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ