刀:野田五郎藤原金定(尾張住金道 同人)

ご注文番号:18556

刀:白鞘入り、拵え付き(保存刀剣)

銘:野田五郎藤原金定
於濃州岐阜以宍栗鉄造之

新刀:良作:美濃
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は野田五郎藤原金定としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:銀一重
刃長:65.6センチ
反り:1.3センチ
目釘穴:1個
元幅:3.32センチ
先幅:2.10センチ
重ね:0.7センチ
時代:江戸時代元禄の頃
体配:身幅が広く重ね分厚く表裏に棒樋を彫り反り
適度に付き切先ややのびたがっしりとした雰囲気のある作品
地鉄:小板目肌よく詰んで地錵が付き
山城の地金が思える良質な地鉄
刃紋:刃区より直刃、その先互の目乱れとなり
匂口深めで小足が入り帽子丸く返る。

特徴:野田五郎藤原金定は元禄頃の刀工で
がっしりとした作品を好んで制作する。
尾張住金道同人といわれる。(銘も良くにております)

拵:見事な拵えです。
鍔:木爪型赤銅魚魚子地に耳を広く開けて
秋草を高彫りし金の色絵をほどこす。
縁頭:赤銅地に秋草を高彫りし金の色絵をほどこす。
鞘:黒呂色鞘に秋草を金蒔絵
目貫:赤銅地に秋草を高彫りし金の色絵をほどこす。

葵美術より一言:本作はがっしりとした
野田五郎藤原金定(尾張住金道)の乱れ刃の作品と
それに付けられた見事な美濃後藤一作の拵えです。  
鞘も菊を金で高蒔絵が見事です。
華やかな雰囲気を持った見事な作品を是非御薦め致します。

葵美術正真鑑定書:保存刀剣 
全身押し形

価格: 1,050,000円(消費税、送料共)
商談中 HOLD



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ