刀:近江守藤原継平(初代)

ご注文番号:17403

刀:白鞘入り(特別保存刀剣)
銘:近江守藤原継平(初代)
鞘書:近江守藤原継平 初代傑作之 刃長二尺三寸一分半有之 寒山(花押)
新刀:上作:業物:武蔵

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は近江守藤原継平としては上々作にランクされる作品です。

上研磨済み
はばき:金着二重
刃長:70.2センチ
反り:0.8センチ
目釘穴:1個
元幅:3.05センチ
先幅:2.255センチ
重ね:0.68センチ
時代:江戸時代漢文の頃
体配:身幅広め、重ね厚く反り浅く
切先やや延びごころの体配をした作品
地鉄:小板目肌よく練れて地錵が付き、綺麗な澄んだ地金となる。
刃紋:錵出来、丁字乱れに互の目乱れが混じり地錵がよく付き匂口、柔かく刃中、砂流。金筋が働き帽子丸く返る。

特徴:近江守藤原継平(初代)は本国は越前、藤田余興兵衛と称し越前3代康継に学ぶとされる。
江戸3代とともに江戸において栄えた。

葵美術より一言:近江守藤原継平(初代)より4代続く刀工群であります。
3代康継の門人となり江戸に於いて活躍する。
特に地金がよく刃紋は匂口の深い互の目乱れを焼き出来が優れた刀工ですが作品は少ない。
直刃出来が多い中で互の目乱れの作品は出来も良く是非御薦めしたい一振りです。
なお現在特別保存に合格しております。

特別保存刀剣鑑定書 
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格:850,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら


————————————————————————————————–
当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
委託販売規約、及び刀の買い取りについてをご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
————————————————————————————————–

ページトップ ご注文フォーム お問合せ