刀:近江大掾藤原忠広(2代)

注文番号:AS17484

刀:白鞘入り、拵え付き(特別保存刀剣)

銘:近江大掾藤原忠広(2代)              

寒山鞘鞘書付き
新刀:上々作:大業物:肥前
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は近江大掾藤原忠広としては上々作にランクされる作品です。
上研磨済み
はばき:金着一重
刃長:64.5センチ
反り:1.2センチ
目釘穴:1個
元幅:3.06センチ
先幅:2.23センチ
重ね:0.66センチ
時代:江戸時代 寛永の頃
体配:身幅、重ねしっかりと反りが適度に付き
切先が延びた体配の良い姿をした作品です。
地鉄:小板目肌実に良く練れて地錵が付き綺麗な
所謂肥前の小糠肌で地景が入り潤いのある地金となる。
鎬地:小板目肌に小杢目肌が良く練れた精良な地金。
刃紋:錵出来匂口深く丸みを帯びた互の目乱れとなり
刃縁柔らかく刃中、砂流、金筋が良く働き葉が盛んに働き
煙る朝霧を思わせる。帽子丸く返る

特徴:本作は二代忠広による刀である。忠広は肥前の刀工で、初代忠吉の実子。
本名を橋本平作郎。寛永十八年(1641年)に二十九歳の時、近江大掾を受領。
受領後の正保、慶安頃が最盛期であったといわれる。終生忠吉銘は襲名せず、
忠広と銘した。藩より屋敷と切米二十石を拝領。元禄六年(1693)八十歳にて没した。
長寿であった為作品数は多いが、寛文三年頃からの晩年作には三代の代作も見受けられる。
切れ味が良く、大業物に指定されている。地鉄の美しさでは
肥前刀随一といわれ、父忠吉に次ぐ名工との評価が高い。

拵え:
鍔:赤銅鍔
鞘:朱色刻み鞘
縁頭:赤銅地に植物の図を高彫りし金で色絵をほどこす。
目貫:赤銅地に葡萄を高彫りし金で色絵をほどこす。

葵美術より一言:本作の近江大掾藤原忠広は直刃基調の作品が多い中で
珍しく匂口の深い丸みを帯びた互の目乱れとなり
刃中の働きが激しく砂流、金筋、葉が柔らかくついた近江大掾藤原忠広の傑作で
出来は河内大掾藤原正広の作に酷似する。
恐らく正広の指導を受けて制作したとも考えられるが見事な作品です。
珍しい互の目乱れの見事な作品です。

特別保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

オークション開始価格: 1,000,000円(消費税、送料共)

落札者あり

当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
詳細は刀買取.jp委託販売規定、をご覧下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム


ページトップ ご注文フォーム お問合せ