刀:越前大掾藤原国次

ご注文番号: 1807476

刀(脇差):白鞘入、拵え付き(保存刀剣)

銘:越前大掾藤原国次

以南蛮鉄

新刀:中上作:山城
刃長:61.9センチ 

反り:0.9センチ

目釘穴:1個 

元幅:3.02センチ 

先幅:1.93センチ

重ね:0.62センチ 

時代:江戸時代 寛文頃

体配:身幅重ねしっかりとやや切先延びたやや反りの浅い寛文新刀。

地鉄:板目流れ柾目かかり地沸良く付き地景が入る。

刃紋:錵出来互の目乱匂口深く、刃中足葉盛んに働き、
帽子一枚風となる。裏にもって南蛮鉄と有る。


特徴:山城の刀工越前大掾藤原国次は
出羽大掾国路の門人と考えられ作域が近似している。

肥後にも住。国次には自身銘が少なく、おそらく出羽大掾国路の
向鍛冶を行っていたと考えられ、合作銘の作品も現存する。

本作は一見すると出羽大掾国路に変わらない出来をした刀で、
かなりの高技量を持った刀工であると推測されます。
信頼出来る刀工辞典によれば国路の子やも知れず、後に越前、肥後熊本に移るとあります。
なお銘振りも極めて酷似しております。 
かなり国路の代作を行っていたと考えられます。

拵え:
鍔:鉄鍔に龍の図を高彫りする。一部金の色絵が残る。
鞘:黒呂色鞘
目貫:赤銅地に龍の図を高彫りする。
縁頭:赤銅地に龍と鯉の図を彫り金で色絵をほどこす。
 
保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 650,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ