刀:越前国住兼法

ご注文番号:20128

刀:白鞘入り(特別保存刀剣)(委託品)

銘:越前国住兼法

新刀:上作:越前     
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は越前国住兼法としては最上作にランクされる作品です。
研磨済み
刃長:71.3センチ
反り:1.9センチ
目釘穴:4個内3個埋
元幅:3.27センチ
先幅:2.57センチ
重ね:0.60センチ
時代:江戸時代初期頃(慶長時代) 
体配:身幅が広く、重ねの厚い、反りの深い堂々とした。
地鉄:板目肌に杢目肌が交じり、肌立ち黒味のする地金となる。
刃紋:錵出来、互の目乱れに丁字目乱れが交じる。

特徴:越前国住兼法は美濃、兼法の子で後に肥後大掾を受領する。
越前に於いて肥後大掾を受領する刀工には初代康継、貞国の二人がある、
而も同時代の刀工でありここにそれらの刀工に関係すると思われます。
作風は兼法の特徴が良くでており
黒味のするやや肌立つ地金は兼法、越前康継、貞国と同様であります。

特別保存刀剣
葵美術評価鑑定:全身押し形

価格: 1,050,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ