刀:豫州住石徹入道平貞重作/昭和十九年一月吉日

ご注文番号:10172

刀:白鞘入り、陸軍軍装拵え付き(保存刀剣)

銘:豫州住石徹入道平貞重作
昭和十九年一月吉日
                               
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は豫州住石徹入道平貞重としては上作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:素銅地一重
刃長:65.4センチ
反り:1.9センチ
目釘穴:1個
元幅:3.20センチ
先幅:2.25センチ
重ね:0.68センチ
時代:昭和19年
体配:身幅、重ね尋常で反りのある体配の良い刀。
地鉄:板目肌良く練れて地沸付く。
物打付近に鍛え割れが一ヶ所ありますが、
極薄いものでほとんど気になりません。
刃紋:互の目乱。帽子丸く返る。

特徴:豫州住石徹入道平貞重は愛知県の刀工で、明治24年1月4日生(1891)。
本名を今井竹重という。人間国宝である高橋貞次の門人で、
新作日本刀展で数多くの賞を受賞する。陸軍受命刀匠。

拵:陸軍軍装拵え

葵美術より一言:
愛媛県が誇る著名な刀工で研磨も良くほどこされ肉置きの良い作品です。
そろそろ日本の敗戦が色濃くなってきた当時刀匠はどのような気持ちで
この一振りを制作していたのかを考えると感無量となります。
高い技量を持った刀工です。

葵美術評価鑑定書:保存刀剣鑑定書
全身押し形

価格: 580,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
委託販売規約、及び刀の買い取りについてをご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム




当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ