刀:豊後住藤原輝行

ご注文番号:18524

刀:白鞘入り、拵え付き(特別保存刀剣)(委託品)

銘:豊後住藤原輝行
                                
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は豊後住藤原輝行としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
刃長:69.6センチ
反り:1.5センチ
目釘穴:1個
元幅:3.02センチ
先幅:2.02センチ
重ね:0.66センチ
時代:延宝の頃
体配:身幅、重ねしっかりとした刀で反りが適度に付き
切先ややのびた体配の良い作品です。
地鉄:小板目肌よく練れて地錵が付き
綺麗な肌目が良く見て取れる地金となる。
刃紋:錵出来互の目乱れに丁字乱れが混じり
匂口深めで葉中、砂流が混じり細かな金筋がはたらき足が入る。
帽子:錵出来丸く返る。

特徴:豊後住藤原輝行は一般的にはやや地味な作品が多く
隣国の肥前の刀工群と比較すると技量が落ちる傾向がありますが
がっしりとした作品が多く人気もあったとされる。 
照行は4代寛政頃まで活躍がなされた。
本作はその初代作の傑作と言えます。

拵:
鍔:山吉と銘がある。  
楕円形の鉄鍔に耳を立ち上げ中に阿弥陀や摺を彫る。早乙女風の鍔。
縁頭:赤銅地に文様を刻む。江戸時代後期
鞘:黒呂色鞘
目貫:赤銅地で花の文様を高彫りし金の色絵をほどこす。

葵美術より一言:豊後高田一派の照行初代作の作品で
錵出来互の目乱れが華やかに働き足良く入り
豊後の照行の最高の出来と考えます。
一般的に隣国の肥前刀の人気に隠れてしまうのは
豊後刀の粗雑に制作された作品が多かった
事も一部あるとおもいますがなかにはこの様な
出来の優れた作品があると考えて下さい。

時代背景:江戸時代も落ち着き日本刀の需要が無くなり
刀剣を制作する職人は必死で生き延びていく為により
優れた派手で美しい刀を制作し刀剣彫りも流行する様になった。
豊後刀も同様でより華やかな作品を制作する努力が行われ
本作のごとく華やかな作品が制作されました。
恐らく豊後照行の傑作刀の一振りと考えられる作品です。

葵美術評価鑑定書:特別保存刀剣鑑定書
全身押し形

価格:700,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ