刀:藤原長信造/慶應元丑初秋

ご注文番号:15392
刀:白鞘入り、拵え付き(特別保存刀剣)(鍔に保存会鑑定書)
銘:藤原長信造
慶應元丑初秋                                  
 
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は 藤原長信造としては上々にランクされる作品です。
新々刀:上作:武蔵
研磨済み
はばき:素銅地一重
刃長:69.1センチ
反り:0.8センチ
目釘穴:1個
元幅:3.12センチ
先幅:2.26センチ
重ね:0.69センチ
時代:江戸時代末期
体配:身幅が広く重ね厚く反り浅くがっしりとした刀で
切先やや延びた作品。はばき元から30センチ近辺から
刀身を軽くする為か鎬地を削いでいる。
地鉄:小板目肌よく詰んで地錵が付き綺麗な地金となる。
鎬地:柾目が細かく入る
刃紋:小錵出来出来、丁字乱れ刃縁柔らかい
帽子丸く先焼詰となる。
特徴:高橋長信は初代長運斎綱俊の門人で
初銘を冬広と称し本名高橋理兵衛と称す。
松江の藩工で加藤長運斎綱俊の門人。江戸麹町に住み明治8-9年60歳で松江で亡くなる。
作風は長運斎綱俊風の作品が多いがもっと備前伝に近く小詰む作品が多い。
鑢目は勝手上がり普通の鑢目の反対から左利きであったと言われている。
拵:
鍔:無銘:長崎。円形の鉄鍔に耳を少し立ち上げ龍と思われる図柄を彫る。(保存会鑑定書)
一見すると鎌倉鍔に見えるが、かなり比較して厚さがあり他の正阿弥とも考えられます。
縁頭:赤銅魚魚子地に菊の花を高彫りし金の色絵をほどこす。
鞘:黒呂色鞘
目貫:赤銅地で文様を高彫りし金の色絵をほどこす。
葵美術より一言:本作は高橋長信の典型作で
がっしりとした作品で見事な丁字乱れを焼き
刃紋は新々刀の固山宗次や師匠の長運斎綱俊に似た作品です。
拵えはまずまずの作品で瑕や欠点がありません。
特別保存刀剣鑑定書
鍔に保存会鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形
価格:990,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
委託販売規約、及び刀の買い取りについてをご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム



ページトップ ご注文フォーム お問合せ