日本刀販売、刀剣販売、日本刀の買い取り、委託販売、日本刀オークションの開催

info@aoijapan.jp

営業時間 10:00~18:00 (月曜定休日)

東京都渋谷区代々木1-54-6

お知らせ

刀:薩州住正良/安永七年戌二月(特別保存刀剣)

ご注文番号: 16145

刀:白鞘入り(特別保存刀剣)

銘:薩州住正良
安永七年戌二月

新々刀:上々作:薩摩
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は:薩州住正良としては上々作にランクされる作品です。

はばき:金着二重
刃長:2尺3寸3分(70.6 cm)
反り:5分(1.5cm)
目釘穴:2個
元幅:3.3cm
先幅:2.1cm
重ね:0.7cm
時代:江戸時代末期

体配:身幅が広く、重ね厚くがっしりとした刀で切先が延びる。
地鉄:小板目肌実に良く詰んで錵が付き細かな地景が入り潤いのある地鉄となる。
刃紋:錵出来、匂口の深いのたれに互の目乱れが混じり刃中、砂流、金筋が働く
帽子、乱れ込んで焼き下げる。

特徴:薩州住正良は薩摩の刀工で正近の門人で寛政元年に伯耆守を受領し正幸と改める。文政2年87歳で亡くなる。
本作は彼が47歳の時に制作された油の乗り切った時代の作品です。
薩摩では元平と正良が双璧として最も著名な刀工として知られている。
本作は身幅が広く重ねの厚いがっしりとした大切先となった豪壮な体配で、匂口の深いのたれに互の目乱れが混じり、足太く入り厚く錵付き砂流、金筋が刃中に絡むように働くなど薩摩刀の力強さと迫力が存分に表れている。
一見すると相州伝上工江を狙った作品。
良い研磨が施されている。

特別保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定:全身押し形

価格: 2,000,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら