刀:薩州住正房作

ご注文番号:17487

刀:白鞘入り(委託品)
銘:薩州住正房作   

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は薩州住正房作と銘が有る。としては上々作にランクされる作品です。

上研磨済み
はばき:金着二重
刃長71.3センチ
反り:0.9センチ
目釘穴:2個
元幅:3.14センチ
先幅:2.15センチ
重ね:0.75センチ
刀身重量: 720グラム
時代:江戸時代寛文の頃

体配:身幅広め、重ねやや厚く反りが浅く表裏に棒樋を彫り切先が延びた体配の刀
地鉄:黒味のする小板目肌よく練れて地錵が付き詰んだ地金となる
刃紋:錵出来匂口が深く、太直刃となり荒錵が付き刃中、砂流、金筋が働く
帽子:のたれて先、掃掛となり金筋が働く

特徴:正房は初代を江戸時代寛永頃として新々刀迄嘉永頃迄長く続く刀工群である。出来は小板目肌詰んで黒味のする薩摩独特の地金で刃紋は錵出来、荒錵が厚く付き太直刃の様相で刃中、砂流、金筋が盛んに働き帽子のたれて先掃掛となり金筋が長く働くなど薩摩の刀工として申し分の無い働きとなる。銘は御委託品である為無保証扱いとさせて頂きます、一見すると元平を思わせる錵の激しい作品で帽子も同様であります。 初代、二代の銘とはやや異なっておりますので保証は出来ませんが札まあの上工の作品であるのは間違いがなく充分に楽しめる作品と言えます。薩州住正房作と名乗る刀工は9人近くがおりますので銘を消すにも慎重に消したい。

価格400,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ