刀:(葵紋)康継南蛮鉄 (江戸三代)

ご注文番号:19096

刀:白鞘入り、拵え付き(特別保存刀剣)

銘:(葵紋)康継南蛮鉄 (江戸三代)
於武州江戸作之  

新刀:上作:業物:武蔵
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は康継としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:銀一重
刃長:2尺0寸4分5厘 (62センチ)
反り:2分6厘 (0.8センチ)
目釘穴:1個
元幅:3.06センチ
先幅:2.18センチ
重ね:0.70センチ
時代:江戸時代寛文の頃
体配:身幅が広く重ね厚く反りが少ない
寛文新刀の体配をし切先が延びごころの
寛永頃に流行し体配の作品です。
地鉄:小板目肌よく練れて地錵が付き綺麗な肌目の地金となる。
刃紋:錵出来、直刃に小足、鼠足がしきりと掛かり
帽子丸く返る。

特徴:本作はやや短めの刀で身幅が広く重ね厚めの
がっしりとした作品です。
本作は江戸三代の康継と鑑定されている。
初代康継は藩主の封転に伴い福井へ移住し、後に徳川家康から葵紋と
「康」の字を賜った江戸幕府お抱えの名工として名高い。
三代康継は初代の長男二代康悦康継の嫡子で、
成人後は市之丞康継を名乗った。同じく葵紋を切る。
康継は三代から江戸系と、初代康継の子で康悦の弟の越前系へと二分した。
江戸系は以降十一代目まで続き、明治維新を迎えた。      

拵:
鍔:円形の鉄鍔に恵比寿様と鯛の図を高彫りし金、素銅で色絵をほどこす。
縁頭:赤銅地に波と車を金、銀色絵。
鞘:黒呂色鞘。
目貫:牛の図を高彫りし金色絵をほどこす。

葵美術より一言:康継は江戸3代と越前3代とに別れるが評価としては
江戸に出て活躍した江戸3代の作品がかなり評価されるのは
江戸での活躍した刀工が多く又多くの刀工が地方から
江戸にやってきて活躍する様になったと考えられます。
お互いが切磋琢磨しながら
技術を高めていったと考えられます。 
康継江戸3代から11代迄続く。
短めの作品ですががっしりとした健全な作品であり是非御薦め致します。

特別保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 700,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ