刀:(菊紋) 近江守源久道 (初代)

ご注文番号:18414

刀:白鞘入り、拵え付き(保存刀剣)

銘:(菊紋) 近江守源久道 (初代)

新刀:上作:山城                     
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は近江守源久道としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:金着一重
刃長:63.5センチ
反り:1.1センチ
目釘穴:1個
元幅:2.9センチ
先幅:2.02センチ
重ね:0.74センチ
時代:江戸時代延宝の頃
体配:やや短めの刀で身幅、重ね尋常な
反り適度に付き切先が延びごころ。
地鉄:小板目肌実に良く詰んで地錵が付き美しい山城の地金と成る。
鎬地:細かな板目肌に杢目肌が交じる。
刃紋:錵出来、刃区より直刃、その先
互の目乱れに足が良く入り、砂流、金筋が働く
帽子: 丸く返る。

特徴:近江守源久道 初代は堀六平衛と称し三品姓。
京五番鍛冶の一人で初め近江大掾後に近江守を
正徳元年85歳にして亡くなる。本作は初代の作品の中でも
出来の良い作品と言えます。

拵:肥後拵え
鞘の状態から江戸時代に制作された作品です。
鍔:円形の赤銅地に周りを金地で包み波と
家紋を毛彫りで彫った見事な作品です。
縁頭:鉄地に唐草模様を金で象眼をほどこす。
鞘:金唐草(菊模様)の図柄を一面に彫り金で色絵をほどこした鮮やかな鞘
目貫:赤銅地で龍の図柄を高彫りする。
鐺:鉄地

葵美術より一言:近江守源久道 初代の作品で
極めて詰んだ美しい地金に品格の良い互の目乱れ
を焼き明るく冴えた作品です。
鎬地も小板目肌の杢目肌が混じり柾目がほとんどないのは珍しい。
拵えは肥後一作拵えで誠に見事な華やかな拵えです。

葵美術評価鑑定書:保存刀剣鑑定書
全身押し形

価格: 580,000円(消費税、送料共)

商談中 HOLD


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ