刀:(菊紋)越前守源来信吉 

ご注文番号:AS19621
刀:白鞘入り、拵え付き(保存刀剣)

銘:(菊紋)越前守源来信吉                                 

新刀:中上作:業物:摂津
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は(菊紋)越前守源来信吉としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
ハバキ:金着一重 
刃長:2尺0寸6分3厘 (62.515センチ)
反り:3分5厘(1.06センチ)
目釘穴:1個
元幅:3.33センチ
先幅:2.21センチ
重ね:0.69センチ
刀身重量: 730グラム
時代:江戸時代延宝の頃
体配:身幅が広く重ね厚く反り適度に付き切先やや延びる。
地鉄:小板目肌よく練れて詰み精良な大阪地金となる。
刃紋:刃区より匂口深い直刃、その先匂口深い互の目乱れとなり
足良く働き刃中細かな砂流、金筋が良く働く。
帽子:匂口深く丸く返る。

特徴:越前守源来信吉は京初代信濃守信吉の三男で
井上真改、助広に私淑して濤乱刃や匂口の深い直刃出来を得意とし
傑作刀が多い。本作は越前守源来信吉の直刃出来で
穏やかな中に彼独特の匂口の優れた奉書紙を裂いた時の柔らかな刃紋を焼く。

拵:
鍔:木瓜形の銀地鍔に龍の図を高彫りする。
縁頭:銀地に波の図を高彫り。
鞘:朱塗鞘
目貫:龍の図を高彫りし金で色絵をほどこす。

葵美術より一言:本作の作品は一見すると角津田(津田越前守助廣)の作風に酷似した傑作刀です。
地金は大阪地金で詰んで美しく刃紋は匂口の深い互の目乱れとなります。
身幅が広く重ね厚くしっかりとした作品ですので安心してお買い求め下さい。
なお、この作品は特別保存を保証致します。

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

オークション開始価格: 480,000円(消費税、送料共)

落札者あり



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ