刀:(菊紋)丹波守吉道(京三代)

ご注文番号:16607

刀:白鞘入り(特別保存刀剣)

銘:(菊紋)丹波守吉道(京三代)
     
新刀:中上作:業物:山城
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は丹波守吉道 としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:金着一重
刃長:75.7センチ
反り:1.1センチ
目釘穴:1個
元幅:3.06センチ
先幅:2.18センチ
重ね:0.69センチ
時代:江戸時代寛文の頃
体配:身幅が広く重ね厚くそりやや浅く切先の延びた作品です。
地鉄:小板目肌実に良く詰んで地錵が付き綺麗な字鉄となる。
刃紋:刃区より直刃その先簾刃となり華やかに
二重、参重刃となり刃中、砂流が盛んに働き帽子丸く尖りごころに返る。

特徴:3代京丹波は三品徳左衛門と称し寛文2年に丹波守を受領する。
吉道は京都の三品派に京丹波守、伏見丹波守、大阪丹波守、大和守など四系がある。
簾刃と呼ばれる独特の華やかなは、砂流を元に丹波守吉道が考案したといわれる。
本作もその特徴が良くあらわれ、華やかな中に品格を合わせ持つ刃紋見どころの一つである。  
本作はがっしりとした作品で地金が良く華やかな簾場を見事に焼き上げている。

特別保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 850,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
委託販売規約、及び刀の買い取りについてをご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム



ページトップ ご注文フォーム お問合せ