刀:肥後守法城寺橘吉次

ご注文番号:17629

刀:白鞘入り、拵え付き(保存刀剣)

銘:肥後守法城寺橘吉次    

新刀:中上作:薩摩
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は 肥後守法城寺橘吉次としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:銀一重
刃長:63.7センチ
反り:1.0センチ
目釘穴:1個
元幅:3.09センチ
先幅:1.98センチ
重ね:0.7センチ
時代:江戸時代元禄の頃
体配:身幅が広く重ね厚く反りが浅く切先が延びた体配の作品
地鉄:板目肌よく練れて地錵が付き江戸新刀の兼重の地金となる。
刃紋:錵出来刃区より互の目乱れ、その先二重刃、三重刃となり
刃中、砂流、金筋等が絡んで帽子匂口深く丸く返る。

特徴:東武の住人にして根本吉兵衛と称し、法城寺国正の門人で
寛文頃に鹿児島に移住する。作品は直刃出来に大きな互の目乱れの
足が入り虎徹、兼重に酷似した作品が多い。

拵:
鍔:木爪型鉄鍔に耳を立ち上げと折り曲げ地には
岸辺に繋いだ和船に乗る人物を高彫りし金の色絵をほどこす。
縁頭:四分一地に頭は老人が息を吹き付ける図と
縁には老人を片切り彫りをほどこす。何かの物語の図と考えられる。
鞘:黒呂色鞘に紅葉の図柄を描く
目貫:花の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。
鐺:四分一地に文様を片切り彫りをほどこす。

葵美術より一言:刀身の下部に練れた地金が目につきますが
悪くはなく地金は法城寺一派の地金となり
刃紋も同様に虎徹を思わせる刃紋で特に帽子は
匂口の深い丸い尖り御頃の刃紋となり技量の優れた作品と言えます。 
拵えもまずまずで是非御薦めしたい作品です。

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 550,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
委託販売規約、及び刀の買い取りについてをご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム



ページトップ ご注文フォーム お問合せ