刀:肥後守国康

ご注文番号:19717

刀:白鞘入り、拵え付き(特別保存刀剣)

銘:肥後守国康

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は 上々作としてはにランクされる作品です。
研磨済み
はばき:銀一重
刃長:2尺4寸6分5厘(74.7センチ)
反り:3分5厘(1.06センチ)
目釘穴:1個
元幅:3.35センチ
先幅:2.09センチ
重ね:0.79センチ
刀身重量:825 グラム
時代:江戸時代寛文の頃
体配:身幅が広く重ねやや厚く反り浅めとなり、切先がやや延びる。
地鉄:小板目肌良く練れて地錵が付き綺麗な大阪地金となる。
刃紋:刃区より直刃調となり、その先互の目乱れに大互の目乱れとなり足良く入り
拳丁字となり、刃中、砂流、金筋が良く働く。帽子丸くのたれて返る。
鎬地には焼が入り、野趣に富んだ荒々しさを感じさせる見事な出来となります。

特徴:肥後守国康は名を小林源左衛門と称し、
二代国助の弟で作風は二代国助に酷似した作品です。 
とかく二代国助の華々しい拳形丁字乱れに隠れた存在の國康ですが、
出来としては國助より実力が上と感じさせます。
刃中の長い金筋の働きは見事です。

拵:
鍔:京透かし鍔
縁頭赤銅地に菊の花を高彫りし金の色絵をほどこす。
鞘:黒塗り鞘に線模様を入れる
目貫:赤銅地で木の葉を高彫りし金の色絵をほどこす。

葵美術より一言:本作の肥後守国康は河内守国助の弟で
作風も酷似した作品で錵出来丁字乱れに拳丁字が交り
足が良く働き刃中には砂流、金筋が良く働く
国康は国助より出来の良い作品が多く優れた技量を残す。

時代背景:江戸時代寛文ころになると江戸は平和な時代とな
日本刀の需要は急減する。したがって刀工は懸命の創意を以て
華やかな作品を販売する為に努力をし濤乱刃丁字乱れ、映りの有る作品、
彫りを入れた作品など、数多くの作品が製作された。
国助、国康なども同様でかなり評価の高かった作品と言えます。
本作は素晴らしい出来で刃中の働きが良い作品です。是非お求め下さい。

特別保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 1,100,000円(消費税、送料共)
商談中 HOLD



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ