刀:肥州住祐国

ご注文番号:18574

刀:拵え入り(保存刀剣)

銘:肥州住祐国  

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は肥州住祐国としては上作にランクされる作品です。
研磨済み
刃長:70.5センチ
反り:1.6センチ
目釘穴:1個
元幅:3.02センチ
先幅:2.315センチ
重ね:0.71センチ
時代:昭和
体配:身幅、重ねしっかりとした刀で反りやや深く切先が延びた作品
地鉄:板目肌練れて地錵が付き肌立つ地金となる
刃紋:錵出来直刃締まり冴える。帽子丸く返る

特徴:肥州住祐国は名鑑漏れの刀工で
恐らく師匠の作品の制作に多く携わったと考えられ、作品数は少ない。

拵:
鍔:木爪型鉄鍔に耳を少し立ち上げている。
縁頭:鉄地
鞘:青貝散らしに中間を黒で線模様を入れる
鐺:鉄地に縁を金で象眼する。
目貫:大振りの龍の図柄を赤銅で高彫りする。
栗形:四分一地に進思忠書と銘を刻む

葵美術より一言:肥州住祐国は不明な部分が多く刀剣博物館の審査では保存刀剣に合格
しており昭和と記載されている。昭和刀としては長寸でしっかりとした作品で
拵えも青貝散らしで半太刀拵えでしっかりとした出来の良く出来た作品です。
居合、鑑賞共にあった作品です。一見すると新々刀に見て取れる作品です。

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 400,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ