刀:肥前国近江守忠吉(5代)

ご注文番号:16665

刀:白鞘入り、拵え付き (特別保存刀剣)

銘:肥前国近江守忠吉(5代)

新刀:上作:肥前
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は肥前国近江守忠吉上々作ランクされる作品です。

上研磨済み
はばき:金着一重
刃長:2尺4寸2分 73.33センチ
反り:6分1厘 1.85 センチ
目釘穴:1個
元幅:3.21ンチ
先幅:2.40センチ
重ね:0.71センチ
時代:江戸時代 宝暦の頃(1751~1764)
体配:長寸で身幅が広く重ねしっかりと反りが深く付き切先が大きく延びた豪壮な体配です。
地鉄:小板目肌実に良く詰んで地錵が付き綺麗な肥前独特の小糠肌となる。
鎬地:平地と同様に小板目肌が詰む。
刃紋:錵出来直刃基調に小互の目乱れに足が入り葉が働く。

特徴: 初代忠吉の系統を継承し初め部屋住みの時代は忠広と称し
その後肥前国忠吉と変え肥前国近江守忠吉 を襲名する。
特徴としては脇差し、短刀の制作は全く行われない又忠広銘の時代は
入山形であるのに忠吉銘になってからは茎は細り栗尻となる。奉納刀の制作も多い。
本作は長寸で身幅、重ねしっかりとした反りの深い切先の延びた体配の素晴らしい作品です。
特に地金が綺麗で小糠肌となり直刃出来に小乱れとなり変化に富んだ作品であります。

拵:
鍔:円形の鉄鍔に遠方に山の図柄を彫り木の図柄を赤銅で彫る
縁頭:鉄地に人物の図型を高彫りし金の色絵をほどこす。銘:吉木?光
鞘:黒呂色鞘に青貝散らし鞘
目貫:お面の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。

特別保存刀剣鑑定書
(特別貴重刀剣)
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 850,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
委託販売規約、及び刀の買い取りについてをご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム





当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ