刀:肥前国義廣作之/慶應元丑年八月日

ご注文番号:AS17459

刀:白鞘入り

銘:肥前国義廣作之
慶應元丑年八月日                                    

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は肥前国義廣としては上作にランクされる作品です。
上研磨済み
はばき:銀着せ重
刃長:2尺3寸2分(70.3センチ)
反り:5分(1.515センチ)
目釘穴:1個
元幅:3.23センチ
先幅:2.3センチ
重ね:0.71センチ
時代:江戸時代末期 慶応 1865年
体配:身幅が3.23cmと広く重ね厚く切先が延びた
地鉄:小板目肌よく練れて地錵が付き綺麗な地肌となる。
鎬地;小板目肌詰んで無地に近い地金となる。
刃紋:錵出来、刃区より直刃、その先丸みを帯びた
互の目乱れが山となりその山が5個同様な刃紋となる。
帽子丸く返る。        

特徴:肥前国義廣は肥前佐賀の刀工でがっしりとした作品を制作する。
やがて明治となり廃刀令によって刀剣の制作を止めざるを得なくなったと考えられます。
   
葵美術より一言:明治となり廃刀令によって刀剣の制作が
出来なくなった事で無念の気持ちを持ったに違いない多く
の刀工がいた事を考えますと複雑な気持ちにさせられます。
身幅が広く重ね厚くがっしりとした作品で瑕、欠点のない素晴らしい作品と云えます。
特に肥前独特の地鉄の美しさは素晴らしく是非御薦めしたい作品です。
出来が良いので特別保存刀剣は問題がないと考えます。

保証:保存刀剣鑑定書
(保存刀剣に合格しなかった場合は即金でお買い戻しを致します)
葵美術正真鑑定書:全身押し形
   
オークション開始価格: 550,000円(消費税、送料共)

ご入札はこちら


—————————————————————————
当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
委託販売規約、及び刀の買い取りについてをご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
—————————————————————————

ページトップ ご注文フォーム お問合せ