刀:肥前国河内守藤原正広(2代)

ご注文番号:19488

刀:白鞘入り、拵え付き(特別保存刀剣)(委託品)

銘:肥前国河内守藤原正広(2代)

新刀:上作:肥前
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は肥前国河内守藤原正広としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:金着せ一重
刃長:72.0センチ
反り:2.0センチ
目釘穴:1 個
元幅:2.87センチ
先幅:2.22センチ
重ね:0.7センチ
刀身重量:795 グラム
時代:江戸時代寛文の頃
体配:長さも十分あり身幅重ねもしっかりとした作品で
茎の状態も良く鑢目がはっきりと見え、初刃があり
反りが深めに付き切先が大きく伸び寛永の体配をした作品です。
地鉄:小板目肌良く練れて地錵が良く付き地景が激しく働き精良な肥前肌となる。
刃紋:錵出来小互の目乱れに小足が良く働き
刃中、砂流し、細かな金筋が働く
帽子は匂口が深く丸く返る。

特徴:肥前刀の中で最も派手な匂口の深い積乱雲を思わせる
初代河内大掾、二代の肥前国河内守藤原正広は常に最高級の作品を制作する。
河内守正広は、初代河内大掾正広の子で、寛永四年(1627)に生まれた。
佐伝次と称し、初銘を正永と切った。元禄十二年(1699)に七十三歳で没している。
彼の作風は直刃、乱れ刃共にあるが、いずれも匂口の深い作である。
特に互の目乱れは、彼の最も得意とするところである。  

拵:
鍔:楕円形の鉄鍔に少し耳を立ち上げてはなの図柄を金で色絵をほどこす。
縁頭:銀地?魚子地に鳥の図柄を高彫りし、金色絵をほどこす。
鞘:黒呂色鞘
目貫:赤銅地で馬具の図柄を高彫りし、金色絵をほどこす。

葵美術より一言:肥前刀の素晴らしさはなんといってもその地金の良さにあります。
鍋島藩が阿蘭陀鉄を一手に輸入し、恐らくその地金と和鉄とをうまく混ぜ合わせて
制作したとも考えられ上質な地金は皮金として使用されたと考えられるのです。 
同じ九州の隣国の豊後刀は新刀初期には精良な地金で制作されておりましたが
和鉄のみの玉鋼で制作されていたと思います。これは鍋島藩の特許のようなもので
この地金は恐らく肥前の刀工のみで秘密とされていたと考えるのです。 
更に初代、二代の正広は独特な刃を焼き上げました。 入道雲を思わせる
匂口の深い互の目乱れで夏の空にモクモクとわき上がる積乱雲を思わせる刃紋を制作したのです。
私見ではありますが、この互の目乱れ大互の目乱れを見ると
自分自身わくわくしてくるものなのです。新刀では最も私は高く評価をしたい作品であると考えるのです。
以前長崎から福岡に電車を路用した時に窓の左側に大きな山が聳えたち
積乱雲が真っ青な空に浮かんでおりました。 正にその光景が今でも焼き付いております。 
本作はやや穏やかな作品ですが地金の美しさは素晴らしく地錵が良く付き
精良な地金のやや匂口の深い小丁字に足が柔らかく入る作品で
茎が綺麗で鑢目がしっかりとして銘も良く切れ
目釘穴1個で初刃がある状態の素晴らしい作品と言えます。
是非お薦めしたい作品です。

特別保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 1,500,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ