刀:肥前国大和大掾藤原兼広(初代)

ご注文番号:AS17025

刀:白鞘入り

銘:肥前国大和大掾藤原兼広(初代)

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は肥前国大和大掾藤原兼広としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:金着一重に文様を入れる
刃長:69.2センチ
反り:1.0センチ
目釘穴:3個
元幅:2.94センチ
先幅:2.14センチ
重ね:0.65センチ
刀身重量 750グラム
時代:江戸時代 寛文の頃
体配:多少の、区送があるが長さも69.2cmとあり
身幅、重ね尋常で反りやや浅く切先やや延びごころの作品
地鉄:小板目肌よく練れて地錵が付き
刃紋:錵出来互の目乱れに丁字乱れが複雑に絡み
足が長く働き、葉が盛んに働き匂口が柔らかく
一文字写しの傑作であります。

特徴:肥前国大和大掾藤原兼広は肥前国廣の子で
六郎左衛門と称しそのご大和守を受領する。
脇肥前と言われた刀工ですが、本家の作風とは異なり
思い切った伸びやかな作風が多いと言われております。

葵美術より一言:葵美術ではこの作品は正真として扱いますが
刀剣博物館では保留として鑑定がなされておりますので
銘に関しましては其の点をご了承下さい。
綺麗な肥前地金に激しく乱れた丁字乱れに互の目乱れ、
丁字乱れが入り組み刃中に砂流、金筋が働き
肥前忠国又は光平を思わせる様な一文字写しの傑作であります。
差裏の中程の地に針程の小瑕がありますが
目立たずまずは出来の良い傑作刀です。
飽きの来ない傑作刀ですので是非お求め下さい。

葵美術評価鑑定書:全身押し形

オークション開始価格: 250,000円(消費税、送料共)

ご入札はこちら


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ