刀:紀伊国康綱  

ご注文番号:19530
刀:白鞘入り、拵え付き(特別保存刀剣)

銘:紀伊国康綱                                   

新刀:紀伊
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は紀伊国康綱としては上々作にランクされる作品です。
上研磨済み
ハバキ: 金着二重 
刃長:75.8センチ
反り:0.9センチ
目釘穴:1個
元幅:3.08センチ
先幅:2.12センチ
重ね:0.74センチ
刀身重量: 800グラム

時代:江戸時代寛永から寛文にかけて
体配:長寸で身幅、重ねしっかりと反りが少なく切先が延び心の作品
地鉄:板目肌よく練れて肌立ち地錵が付き淡い映りが現れる
鎬地:板目肌の真柾目が交じる
刃紋:小錵出来、匂出来風に丁字乱れが連なり足、葉が盛んに働く
刃中に絡んで長い金筋が働く. 帽子丸く足が入って返る

特徴:紀伊国康綱は備中守康広の門人で丁字乱れが得意で映りが現れるなど一文字を思わせる見事な作品です。

拵:
鍔:赤銅に雲と龍の図を透し彫り
縁頭:赤銅魚子地に花の図を高彫りし金の色絵を施す
鞘:朱塗鞘
目貫:龍の図を高彫し、金の色絵を施す。

特別保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 1,150,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ