刀:紀伊国康廣

ご注文番号:18090

刀:白鞘入り、拵え付き(特別保存刀剣)

銘:紀伊国康廣 
                              
新刀:中上作:業物:摂津
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は紀伊国康廣としてはに上々作ランクされる作品です。
研磨済み
ハバキ:銀二重
刃長:71.4センチ
反り:1.4センチ
目釘穴:1個
元幅:3.27センチ
先幅:2.21センチ
重ね:0.70センチ
時代:江戸時代 寛文の頃
体配:身幅が広く、重ね厚く、
ごりごりの刀で反り適度に付き切先やや延びた豪壮な作品です。
地鉄:小板目肌よく詰んで地錵が付き
細かな地景が入り地金肌立ち淡い映りが現れる。
鎬地:板目肌に細かな柾目肌となる。
刃紋:匂出来丁字乱れ足、葉よく働き刃紋、鎬地に達する。
帽子丸く返る。

特徴:為康の次男で富田五郎左衛門と称し
本国は紀州又京都、大阪でも住し大阪石堂として有名な刀工です。

拵:
鍔:円形の赤銅磨き地に周りを金で色絵をほどこした献上鍔
縁頭:赤銅魚魚子地に馬に乗って戦う武者の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。
鞘:茶色の変わり鞘に青貝を少し散らす
目貫:赤銅地で弓矢を持つ武者を高彫りし金の色絵をほどこす。

葵美術より一言:身幅が広く、重ね厚くごりごりの刀で
反り適度に付き切先やや延びた
豪壮な作品です。

特別保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格:1,300,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら


ページトップ ご注文フォーム お問合せ