刀:粟田口近江守忠綱

ご注文番号:20322

刀:白鞘入り、拵え付き(特別保存刀剣)(委託品)
銘: 粟田口近江守忠綱
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は 上々作 としてはにランクされる作品です。
研磨済み上々研磨
はばき:金着せ二重
刃長: 60.4 センチ
反り: 1.1 センチ
目釘穴: 2 個
元幅: 3.11センチ
先幅: 2.16 センチ
重ね: 0.71 センチ
時代:江戸時代元禄の頃
体配:身幅が広く重ね厚くがっしりとした肉置きの良い作品で
反り適度に付き切先が伸びる。
地鉄:小板目肌じつに良く詰んで精良な大阪地金となり細かな地景が入る。
刃紋:錵出来匂口の深い互の目乱れで
刃区より焼き出しがありその先互の目乱れとなる。
刃中、砂流し、細かな金筋が働く。帽子大きく丸く返る。

特徴:粟田口近江守忠綱は、初代と2代銘があり
本作はその2代で一竿子を名乗り、彫りの名人として著名な刀工である。
一般的に、互の目乱れに足長丁字の作品が多く互の目乱れの作品も見かける。
本作は、匂口の深い互の目乱れを焼く

拵:
鍔:円形の鉄鍔で耳を立ち上げ人物と竹を高彫りする。 
良く藻唐子宗典一派に出てくる題材です。
頭:赤銅地魚子仕立てに松の木の下で囲碁を行う図柄を高彫りし、金色絵をほどこす。
縁:中国の賢人が庭で戯れる図柄を高彫りし、金色絵をほどこす。
鞘:黒変塗鞘
目貫:中国の何かの題材からとった物か馬にまたがる人物の図柄を高彫りし、金色絵をほどこす。

葵美術より一言:本作はやや短めの刀で身幅が広く
重ね厚くがっしりとした肉置きの良い作品です。

特別保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 900,000円

ご注文はこちら



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ