刀:福岡住宗勉作 昭和46年10月吉日

ご注文番号:18180
刀:白鞘入り (無鑑査刀匠)
銘:福岡住宗勉作
昭和46年10月吉日                    
               
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は福岡住宗勉としては上々作にランクされる作品です。
上研磨済み
はばき:金着二重
刃長:76.5センチ
反り:1.9センチ
目釘穴:1個
元幅:3.47センチ
先幅:2.45センチ
重ね:0.72センチ
時代:現代(1971年)
体配:身幅3.47cmと広く重ね厚く反り深く切先の延びた豪壮な体配をした刀。
地鉄:小板目肌良く詰んで地錵が付き綺麗な地金となる。
刃紋:錵出来丸みを帯びた匂口の深い互の目乱れとなり、刃縁柔らかく足良く刃入り砂流が掛かる。帽子のたれて丸く返る。
特徴:宗勉(そう つとむ)は昭和二年(1927)生まれの福岡県福岡市の刀匠。
小宮四郎國光に学んだ実父、宗正光(宗弘)に昭和二十一年(1946)より学んだ。
昭和三十年(1955)より作刀技術発表会(現在の新作名刀展)に出品、数々の受賞を重ね、現在は無鑑査刀匠の一人である。
備前伝、山城伝などの作品も発表し、また助広写しでも匂口の深い涛乱刃は多くの愛刀家から注目されている。
清麿写しの作品に定評が有るが、本作は二代助広を思わせる出来で匂口の深い互の目乱は他の追随を許さない現代の名工の一人です。
無瑕無欠点の作品です。
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格:900,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら

ページトップ ご注文フォーム お問合せ