刀:相州住正広(無保証)

ご注文番号:17220

刀:白鞘入り、拵え付き(御委託品)

銘:相州住正広(無保証)

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は相州住正広としては上作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:金着一重
刃長:2尺4寸6分(74.54センチ)
反り:8分1里(センチ)
目釘穴:1個
元幅:3.21センチ
先幅:2.24センチ
重ね:0.68センチ
時代:室町時代末期頃
体配:約5センチ程の区送があり表裏に二筋樋をと剣を彫り、
身幅、重ねしっかりと反り深く付き
地鉄:板目肌柾目に流れ地錵が良く付き肌立つ。
刃紋:錵出来小互の目乱れに互の目乱れが混じり
刃中、足、葉が働き 砂流、金筋が働く
帽子乱れ込む。

特徴:相州住正広は相模の北条氏綱に仕え刀工として
城主の為に刀剣を制作したと伝えられ
室町時代末期に末相州として活躍し島田一派にも強い影響を与えた。
一般的に皆焼刃は極めて少なく直刃基調にのたれや互の目乱れが混じり
刃中、砂流、金筋が働く作品が多い。

拵:
鍔:円形の鉄鍔に橋と水車を彫り透かす。
縁:赤銅魚魚子地に聞くの華を高彫りし金の色絵をほどこす。
頭:赤銅魚魚子地に戦う武者の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。
鞘:黒呂色鞘。
目貫:赤銅地で弓矢の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。

葵美術より一言:本作は相州住正広と銘があるが、銘が異なり無保証とさせて頂きます。
長さも充分あり身幅もしっかりとした作品で時代は明らかに室町時代はある作品です。
地金も良く刃紋も変化に富んで体配も良い作品です。
高級居合刀として鑑賞用の刀として充分楽しめる作品です。

葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格:450,000円(消費税、送料共)
商談中 HOLD

ページトップ ご注文フォーム お問合せ