刀:相州住和平 応為 松野氏還暦造之 昭和五十一年秋吉日

注文番号:18075
刀:白鞘入り
銘:相州住和平
応為 松野氏還暦造之 昭和五十一年秋吉日 (無鑑査) 保証:保存刀剣
                  
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は相州住和平としては上々作にランクされる作品です。
上研磨済み
刃長:77.2センチ
反り:2.0センチ
目釘穴:1個
元幅:3.51センチ
先幅:2.64センチ
重ね:0.69センチ
時代:現代  1976年
体配:身幅が広く重ね厚く長寸で反りが深く付き大切先の堂々とした体配の作品
地鉄:小板目肌よく練れて地錵が付き細かな地景が入る。
鎬地:小板目肌に柾目が混じる
刃紋:錵出来丁字乱れとなり、足良く刃入り、匂口柔らかく、切先乱れ込んで先尖って返る
特徴:大久保和平は昭和十八年生まれ。中尾忠次の子。昭和三十一年(1961)長野県で
のちに人間国宝となる宮入昭平に学び、約五年後に独立。昭和四十二年に新作名刀展に初出品し入選。
作業中に不運な事故に遭遇するが、その後見事に復帰し、昭和五十一年に努力賞、昭和五十五年に奨励賞、平成三年には薫山賞を受賞。
平成十年に作刀の部で全日本刀匠会理事賞、平成十一年に日本美術刀剣保存協会会長賞、
平成十二年には寒山賞と将来ますます期待される刀匠の一人。神奈川県藤沢市で作刀を続ける。
雄山閣出版社が平成九年に発行した「日本刀 二十一世紀への挑戦」でも紹介されている。
葵美術より一言:豪壮な作品で兼光を思わせる豪壮な作品です。平成12年に無鑑査刀匠となる。惜しくも平成15年2月24日に亡くなる。 
本作は為打ちの為特に力を振る絞って制作した作品です。
                  
保証:保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形
価格: 600,000円(消費税、送料共)
商談中 HOLD


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
委託販売規約、及び刀の買い取りについてをご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム


ページトップ ご注文フォーム お問合せ