刀:無銘(葵鑑定:大和大掾藤原正則)(刃切れ)

ご注文番号:18097

刀:拵え入り
銘:無銘(葵鑑定:大和大掾藤原正則)(刃切れ)
新刀:上作:良業物:越前

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は無銘(葵鑑定:大和大掾藤原正則)としては上作にランクされる作品です。

研磨済み
はばき:金着二重
刃長:68.6センチ
反り:1.6センチ
目釘穴:1個
元幅::3.0センチ
先幅:2.09センチ
重ね:0.73センチ
時代:江戸時代寛文の頃
体配:身幅重ねしっかりとした刀で多少の摺上げ、区送があり当初から生無銘であったと考えられます。反りがやや付き切先が多少延びた寛永頃の体配をした作品です。
地鉄:板目肌練れて肌立ち地錵が付き、地金が良く見て取れる。
鎬地:板目肌に柾目が混じる。
刃紋:小錵出来、丁字乱れに互の目乱れが混じり高低に変化があり帽子丸く返り長く焼き下げる。

特徴:初代正則は室町時代中期の山城國三条吉則の末裔と伝えられる。本国は丹後宮津、父則光に鍛冶の手ほどきを受け、のちに京に上がり更に越前七十五万石の松平秀康の城下にうつり秀康の長男忠直の抱え工となる。大和大掾受領の時期は定かで無いが、慶長十三年十一月の刀に、現存するものには元和二年の平造の脇差にすでに受領銘が刻印されている。越前における活躍年代はほぼ初代康継と同時期である。良業物に指定され切れ味が良く出来も優れた作が多い。
中々上手な刀工で新刀上作にランクされており切れ味にも優れ良業物に指定されている。

拵:
鍔:円形の赤銅地に細かな透かしを入れる。
縁頭:赤銅魚魚子地に周りを赤銅地の線で囲む。
鐺:栗形:赤銅魚魚子地に周りを赤銅地の線で囲む。
鞘:黒呂色鞘にヒネリを入れた変わり塗り鞘。
目貫:赤銅地で龍の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。

葵美術より一言:なかなかしっかりとした刀で地金と刃紋から越前新刀と考えられ中でも大和大掾藤原正則と鑑せられる作品です。拵えもしっかりとしており手持ちも良い。
残念ながら切っ先に刃切れがあります。
出来が良いだけに惜しまれますが居合刀として又鑑賞用としてお薦め致します。

葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格:400,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら

ページトップ ご注文フォーム お問合せ