刀:無銘(末手掻)

ご注文番号:AS18537

刀:白鞘入り、拵え付き(保存刀剣)

銘:無銘(末手掻)       
           
末古刀:中上作:大和
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は無銘(末手掻)としては上作にランクされる作品です。
研磨済み
ハバキ:銀一重
刃長:67.8センチ
反り:1.4センチ
目釘穴:2個
元幅:2.62センチ
先幅:1.91センチ
重ね:0.71センチ
時代:室町時代中期頃
体配:大摺上げ無銘で身幅尋常な重ね
しっかりとした作品で反りが浅く切先の延びた作品
地鉄:板目肌よく練れて地錵が付き地景が入り良質な地金となるが
差裏のハバキから15cm程の所に膨れ、ハバキ元に鍛え割れが見て取れる。
刃紋:錵出来直刃砂流、弱い金筋が働き帽子丸く返り先、掃掛となる。
特徴:出来と反りの具合から室町初期から中期頃の作品と考えられる。
手掻派は大和の流れを引き継ぎ、鎌倉時代から江戸期まで続く流派である。
直刃出来の刀は、切れ味が良く人気を博刷る。
本作は、刃中の働きが優れ飽きのこない作。

拵:半太刀拵
鍔:円形の鉄鍔に控え穴をいれる。
縁頭:鉄地に唐草模様を金で色絵をほどこす。
鞘:変わり塗りサアヤ、
鐺:鉄地に唐草模様を金で色絵をほどこす。
目貫:瓢箪の図型を素銅地で彫る

葵美術より一言:鎌倉時代から江戸時代迄続く刀工群であり
本作は室町時代にはってからの作品で地金が板目肌
良く練れて美しく多少欠点はあるが古刀の味わいをふんだんに
保ち拵えは派手さのないいいかにも侍によって保存され続けてきた作品と言えます。

保存刀剣鑑定書  
葵美術評価鑑定書:全身押し形

オークション開始価格: 450,000円(消費税、送料共)

ご入札はこちら



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ