刀:無銘(新々刀 美濃一派)

ご注文番号:10548

刀:拵え入り

銘:無銘(新々刀 美濃一派)
                               
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は 無銘 新新刀 としては上作にランクされる作品です。
研磨必要
刃長:2尺3寸0分5厘(センチ)
反り:3分5厘(1.05センチ)
目釘穴:1個
元幅:2.8センチ
先幅:2.1センチ
重ね:0.7ンチ
時代:江戸時代末期の頃
体配:身幅、重ね尋常な反り適度に付き切先やや延びる。
地鉄:板目肌よくねれて地錵が付き肌立つ地金となる。
刃紋:匂出来風の互の目乱れに丁字乱れが混じり
地錵が付き足が刃入り、切先、のたれて丸く返る。

特徴:一見すると古さを感じさせるが仔細の見ると
江戸時代後期頃に制作された作品です。
所々に錆びがございますので、研磨を希望の方は別途費用にてご相談させて頂きます。

拵:半太刀拵え
鍔:太刀鍔風の鉄鍔で表面に唐草模様を高彫りする。
縁頭:鐺:柏葉:鉄地に文様を高彫りし金の色絵をほどこす。
栗形:鉄地に文様を〕金で色絵をほどこす。
鞘:焦げ茶色石目地鞘。
目貫:赤銅地で牡丹の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。

葵美術より一言:全体にまとまりのある作品で
地鉄よく練れて体配が良く古さを感じさせるのは
変わり金を入れて古く見せているのかと考えられます。
女性向きの居合修行者には最も的開いた作品であります。

葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 225,000円(消費税、送料共)
商談中 HOLD


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ