刀:無銘(文殊)

ご注文番号:20283

刀:白鞘入り(保存刀剣)

銘:無銘(文殊)  

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は無銘(文殊)としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:銀一重
刃長:70.3 センチ
反り: 1.2 センチ
目釘穴: 2個
元幅: 3.22 センチ
先幅: 2.31センチ
重ね:0.74 センチ
刀身重量: 780 グラム
時代:江戸時代
体配:身幅が広く重ね厚く反り適度に付き切先が伸びる。
地鉄:小板目肌に小杢目肌が交じり地錵が良く付き
細かな地景が入る。
鎬地:板目に柾目が混じる
刃紋:錵出来直刃にのたれ刃が交じり
海の波を思わせる刃が互の目乱れで表示し
刃中、刃の上部に金筋が盛んに働く。

特徴:文殊鍛冶は大和手掻派の流れを汲んで江戸時代まで続く刀工群であります。 
新刀鍛冶で最も知られた刀工は南紀重國で2代は文殊重国と名乗り優れた技量をを示す。 
初代の作で最も優れた作品は匂口の深いの深い相州伝を焼いた互の目乱れ
で刃中の働きが激しい作品が多く、切先が伸びる大和鍛冶特有に焼き詰となる作品が多く二代も同様なのです。
二代の作品は比較的少なく恐らく父親の制作にほとんど費やしてしまったとも考えられます。

葵美術より一言:初代、二代共に地金が素晴らしく小杢目が柔らかく詰んで精良な地金となり
刃紋も穏やかな波の流れを思わせ刃中に刃紋の上部に金筋が良く働いております。
帽子は匂口深く焼詰め風に多少切先丸みを帯びる。

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 370,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ