刀:無銘(手掻)

ご注文番号:20035
刀:白鞘入り、拵え付き(特別保存刀剣)

銘:無銘(手掻)

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は無銘(手掻)としては上々作にランクされる作品です。

研磨済み
刃長:68.5センチ
反り:1.6センチ
目釘穴:1個
元幅:2.87センチ
先幅:1.79センチ
重ね:0.65センチ
時代:鎌倉時代末期から南北朝時代
体配:大摺上無銘で表裏に棒樋を彫り身幅、重ね尋常な反りが深く
肉置きが良く切先やや延びごころの体配の良い刀。
地鉄:板目肌に杢目肌が混じり地錵がよく付き細かな地景が入り地に映りが現れる。
刃紋:錵出来直刃やや締まり帽子二重刃となり焼詰めとなる。

特徴:大和には手掻、尻懸、当麻、千手院、保昌等の各派が存在する。
本作は一見すると手掻包永を思わせる地鉄の美しさを感じさせる。
手掻一派は鎌倉時代から南北朝時代にわたり
本作の如く素晴らしい地鉄を保っており多くの愛刀家から評価されている。
室町時代中期より次第に劣って評価を下げたが江戸時代末期迄続いた。
本作は出来の良い落ち着いた直刃を好まれる方に是非お勧めしたい一振りである。
なお茎は折り返し銘ですが残念ながら銘の判読が出来ません。
綺麗な地金に映りが表れ品格の良さを感じさせる出来の良い作品です。
700年近く経過した凛とした作品を見る時当時の状態を想像して見るのは楽しい事です。

拵:
鍔:円形の鉄鍔に家紋と思われる文様を透かし彫りをほどこす。
縁頭:赤銅魚子地に風景の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。
鞘:焦げ茶色に細かな文様を入れた変わり塗り鞘で出来が良い
目貫:赤銅地に菊の文様を高彫りし金の色絵をほどこす。

特別保存刀剣
葵美術評価鑑定:全身押し形

価格: 1,000,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら




当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ