刀:無銘(延寿)(朱銘不明)

ご注文番号:AS13736

刀:白鞘入り、拵え付き(特別保存刀剣)

銘:(朱銘不明)
無銘(延寿)
 
研磨済み
ハバキ:金着二重
刃長:2尺2寸7分(68.79センチ)
反り:6分(1.8センチ)
目釘穴:4個 
元幅:2.87センチ 
先幅:1.9センチ
重ね:0.66センチ 
時代: 南北朝時代
体配:大摺上無銘で表裏に二筋樋を彫り
反り深く体配の優美な姿をした刀
地鉄:小板目肌に小杢目肌が混じり地錵が付き地景が入る。
地には映りが鮮明に現れる。
刃紋:小錵出来、直刃に小足が良く刃入り明るく冴える。
帽子大きく丸く返る。

特徴:過去来一派より別れ、国村が延寿に移住し
肥後菊池を本拠として活躍した。
来一派の地金と九州の作風を取り入れた。
肥後国延寿派は山城、来国行の外孫と伝えられる国村を
祖として国資、国時、国泰、国吉、国信、国綱等多くの名工を輩出し、
鎌倉地代末期より南北朝時代にかけて同国の菊池の地で活躍した。
その作風は山城の来一派の作に類似している。

本作の登録証には朱銘大治又八郎俊忠試云々と
記載されているが、しっかりと読み取る事ができない。

拵:
鍔:丸形鉄地鍔に牡丹の図柄を高彫りし、金、銀、銅の色絵を施す。
縁頭:赤銅地に牡丹の図柄を高彫りし、金の色絵を施す。
鞘:青貝散らし
目貫:龍の図を容彫りする。

特別保存刀剣(2019年6月末頃発行予定)
葵美術評価鑑定:全身押し形

オークション開始価格: 1,050,000円(消費税、送料共)

ご入札はこちら



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ