刀:無銘(左弘行)(特別保存刀剣)

ご注文番号:22066
刀:白鞘入り(特別保存刀剣)

銘:  無銘(左弘行)

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は 無銘(左弘行) としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:金着二重
刃長:70.0センチ
反り:0.4センチ
目釘穴:3個
元幅:2.89センチ
先幅:2.12センチ
重ね:0.57センチ
刀身重量:700グラム
時代:南北朝時代初期 正平頃 1346年
体配:大擦上無銘でやや細身で身幅、重ね適度に切先がのびた作品
地鉄:板目肌に小杢目肌が混じり映りが良く現れる
鎬地:板目肌の杢目および柾目がでております。
刃紋:小沸出来、直刃基調に足がよく働き足が長く働き刃中に砂流、金筋が働く
  帽子丸く返りその先掃掛となる。

特徴:左一門の刀工に左弘行がおります。 左文字は多くの刀工を連れて製作した為作風が直刃出来、相州伝風が多く華やかな刃紋を製作します  正宗10哲に数えられる。有名な作品に江雪左文字、順慶左文字などを残す。またその部下にも多くの刀工がおり数多くの名品を製作する。

葵美術より一言:本作は華やかな刃紋ですが直刃できに足がよく働き出来の優れた作品です。鎬地がある為南北朝時代初期頃の作風をよくみてとれます。本作は(左弘行)の名品で研磨もよく行われております。 是非お勧めしたい作品です。
     

特別保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形 鶴田文佳

価格:1,650,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら




当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ