刀:無銘(寿命)(保存刀剣)

ご注文番号:09601
刀:白鞘入り(保存刀剣)

銘:無銘(寿命)  

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は無銘(寿命)としては 上作 にランクされる作品です。
研磨済み
鎺:金着二重
刃長:2尺2寸8分(69.1cmセンチ)
反り:7分(2.12センチ)
目釘穴:1個
元幅:3.2センチ
先幅:2.0センチ
重ね:0.7センチ
刀剣重量 715 グラム
時代:江戸時代初期頃
体配:身幅広く重ねやや厚く反り深くつき
鋒がのびた作品で鋒がのびた作品です。
地鉄:小板目肌良く練れて地鉄がよくつき鎬地に割れがある。
刃紋:小沸出来互の目乱れ尖互の目が混じり一見すると吉井備前に似た刃紋となる。刀剣博物館の審査では無銘寿命(保存刀剣)と鑑定された作品です。

特徴:本作は無銘、寿命と鑑定された作品ですが寿命と鑑定されました。寿命は贈り物に良く使われた刀で寿命が伸びるなどといわれ特にご老人を挨拶する際のこの作品を渡すことでめでたいと評され喜ばれたと言われた作品です。
 
保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形 鶴田文佳

価格:330,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら





当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ