刀:無銘(宇多)

ご注文番号:AS20071

刀:白鞘入り、拵え付き(保存刀剣)(委託品)

銘:無銘(宇多)

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は 無銘(宇多)としては上作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:素銅地一重
刃長:66.7センチ
反り:2.0センチ
目釘穴 :4個
元幅:2.7センチ
先幅:1.85センチ
重ね:0.53センチ
刀身重量: 580グラム
時代:室町時代初期頃 1428年頃
体配:大摺上無銘で身幅、尋常で重ねやや狭く
反りが深く付き優美な体配となり切先が伸びる。
地鉄:小板目肌良く詰んで地錵が良く付き
綺麗な地金となり映りが良く現れる。
        
刃紋:錵出来直刃にのたれて打除が働き
二重刃が入り小足。葉が柔らかく働く。
帽子、丸く返り焼き下げる。

特徴:大和国宇陀郡から越中に移住した一派で、
鎌倉時代末期の古入道国光を祖として南北朝時代に
国房、国宗、国次などの刀工が活躍し江戸時代迄繁栄した。
作風は硬軟の鉄を組み合わせたという則重に酷似した出来が多く、
地沸が厚く付き、地景が激しく表れ鍛上げられた鉄の持味を生かした
肌目の良く目立つ作が多い。大和伝と相州伝の両方が加味された作風をしている。

拵:半太刀拵
鍔:赤銅地に丁字と思われる葉を高彫りする。
縁頭:赤銅地に丁字と思われる葉を高彫りする。
鞘:朱塗りに黒い文様を入れる
鐺:赤銅地に丁字と思われる葉を高彫りする。
目貫:赤銅地で軍配を高彫りし金で色絵を施す

葵美術より一言:本作の宇多は大摺上無銘で反りが深く付き
優美な体配をした作品です。約600年を経過し
多少地金に緩んだ阿部分や鎬地に柾目が強くでる所はありますが
宇多としては地金が詰んで映りが現れ
刃中に砂流し、細かな金筋が働き宇多の鑑定は宜しいのではないでしょうか。
拵えもしっかりとした半太刀拵です。

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

オークション開始価格: 550,000円(消費税、送料共)

ご入札はこちら



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ