刀:無銘(和気)

ご注文番号:18502

刀:白鞘入り、拵え付き(保存刀剣)

銘:無銘(和気)

古刀:
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は無銘 和気としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
ハバキ:素銅地二重に金色絵はばき
刃長:63.5センチ
反り:1.2センチ
目釘穴:2個
元幅:3.06センチ
先幅:2.11センチ
重ね:0.85センチ
時代:鎌倉時代末期
体配:大摺上げ無銘で身幅が広く
重ね厚く反り深く付き切る先が延びる。
地鉄:小板目肌に小杢目肌が混じり
地錵が付きネットリとした柔かさのある
地金となり淡い映りが現れる。 
鎬地:板目肌に杢目肌が交じる 
刃紋:匂出来小互の目乱れに刃中、小足が盛んに働き
匂口柔らかく朝霧の煙る風情。

特徴:備前国分寺派に和気荘に住した刀工に重助、氏依と言う名工がおり
直刃出来が多く景光の如く片落ち互の目乱れが多い。
本作は一見すると景光を思わせる作品ですが、
一般的に切先の刃紋が掃き掛となるなど異なる面があり、
備前の中でも和気に住む作品と極まった出来の良い刀です。

拵:
鍔:円形の鉄鍔に丁字の図柄を9個高彫りし透かす。
縁頭:赤銅魚魚子地に廻りを金線で覆う。
鞘:黒と朱を交えた鞘に横に焦げ茶色の文様を描く
目貫:赤銅(画題不明)
栗形:赤銅魚魚子地に金で龍を高彫りし金の色絵をほどこす。
責金物:鐺:赤銅魚魚子地に龍と剣を高彫りし金の色絵をほどこす。

葵美術より一言:和気一派は国分寺助国の流れで
柔らかな雰囲気のある地金に直刃又は
本作の如く小互の目乱れに小足が良く入る作品を制作する。
雰囲気のある作品で特に地金が良く鎬地も板目に
杢目が交じる古刀然とした体配の良い作品であります。

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 680,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ