刀:無銘(古青江)(第55回重要刀剣)

ご注文番号:20254

刀:白鞘入り、拵え付き(第55回重要刀剣)

銘:無銘(古青江)

鞘書:備中国古青江 生茎無銘 姿体、地刃に同派の特色を顕現したる有品なりて総じて古雅有り
なお手代的に鎌倉初期を降らざる者なり佩表鎬造り裏平造りは同派のみならず
他国の作にも稀有りなりて好資料と可 珍珍重重
刃長二尺四寸四分有之 田野辺先生鞘書

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は無銘(古青江)としては最上作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:銀一重
刃長:74.0センチ
反り:1.1センチ
目釘穴:3 個
元幅:2.81 センチ
先幅: 1.9 センチ
重ね:0.68センチ
刀身重量:615 グラム
時代:平安時代末期から鎌倉時代初期
体配:大摺上無銘で表は鎬造りで裏は平打ちとなった
大変珍しく貴重な体配をした作品である。
体配からするとかなり長寸の作品で
先の体配はうつぶせ心に反る所謂小備前、
古青江の体配の良くにております。
地鉄:板目肌に杢目肌が交じり、青江独特の縮緬肌風の原型ともいえる美しい地金に地錵が良く付き、地景が入り映りが現れる。
鎬地:小板目の杢目が交じり細かな柾が入る。
刃紋:錵出来に匂口が深く付き、足、葉が柔らかく盛んに働き
刃中、砂流し金筋が良く働く。帽子丸く返る。

特徴:古青江は平安時代末期から鎌倉時代初期を古青江と称している。 
その作風は隣国の古備前物に類似しており、
地金にやや地味な様子が見てとれる独特の味わい深い地金と言えます。
大変珍しいのは生茎で当時の体配を良く残しております。
表が鎬造りで裏が平打ちと大変珍しく貴重であります。  
田野辺先生も御指摘されております。
私も平安末期の作品でこの様な姿の作品は見た事が無く、
極めて珍品と言えます。

拵え:
鞘:黒呂色鞘
鍔:木瓜形の鉄鍔に阿弥陀鑢を入れる。
縁頭:赤銅魚子地に菊の図を高彫りし金で色絵をほどこす。
目貫:赤銅魚子地に菊の図を高彫りし金で色絵をほどこす。

葵美術より一言:この刀は板目に杢目が交じり地錵が良く付き
地景が入って淡い映りがあらわれ
刃中の働きは足、葉が盛んに入り匂口が柔らかく付き
刃中、砂流し、金筋が働き古青江の見所が顕現しております。 
刃紋に関しましては古備前と変わらない刃紋です。

第55回重要刀剣
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 4,700,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ