刀:無銘(古宇多)(特別保存刀剣)

ご注文番号:22183

刀:白鞘入り、拵え付き(特別保存刀剣)

銘: 無銘(古宇多) 

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は 無銘(古宇多) としては 上々作 にランクされる作品です。
研磨済み
鎺:金着二重鎺
刃長:69.1センチ
反り:1.6センチ
目釘穴:2個
元幅:2.93センチ
先幅:2.02センチ
重ね:0.64センチ
刀剣重量:680グラム
時代:鎌倉時代末期から」南北朝時代初期
体配:大擦上無銘で身幅、重ね尋常な反りが深くつき切先がのびた体配の作品で表に樋をほり裏には二筋樋をほる。
地鉄:板目肌正に流れ大肌が見てとれ肌目が多く地景が入り映りが現れる。
刃紋:沸出来直刃に小足が良く入り帽子乱れて先掃きかける。
二重刃もかかり刃中には砂流、金筋がよく働く。

特徴:宇多派は鎌倉時代末期の南北朝時代に国房、国宗、国次に室町時代に栄えるこのうち南北朝時代を下がらない
作品を古宇多と汎称されている。

拵:
鍔:六角形の鉄鍔に紋様を透かし彫りを施す。 尾張風の素晴らしいデザインを持った作品です。
鞘黒地に刻みを入れた
縁頭:鉄地に紋様を刻む
目貫:実をつけた葉を高彫し金で色絵をほどこす

葵美術より一言:もの素晴らしい古宇多と称される作品に肥後を思わせる拵えを是非お勧めいたします。

特別保存刀剣   
葵美術評価鑑定書
全身押し形 鶴田文佳

価格:950,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら




当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ