刀:無銘(古三原)

ご注文番号:AS21433
刀:白鞘入り、拵え付き(特別保存刀剣)
銘: 無銘(古三原)
延命福寿 

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は 無銘(古三原) としては上々作 にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:金着一重
刃長:70.0センチ
反り: 1.82センチ
目釘穴: 4個
元幅: 2.9センチ
先幅: 2.15センチ
重ね:0.7センチ
刀身重量:715 グラム
時代:鎌倉時代末期から南北朝時代初期
体配:大擦上無銘で身幅が広めで重ねやや厚く
表裏に棒樋を彫り茎に達する。
茎には表に延命福寿と切りつけ銘がある。
地鉄:板目肌よく練れて地沸がつき柔らかな地金に
白気映りが乱れ映り風に現れ、柔らかさを感じさせる地鉄となる。
刃紋:沸出来締まりごころの直刃にネズミ足が入る。

特徴:備後国三原派は鎌倉時代末期に始まり室町時代末期まで繁栄した刀工群で鎌倉時代から南北朝時代の作品を古三原と呼んでいる、 正家、正弘、正信、正光、政広らはその代表とされている。
三原派は大和気質が色濃く示されているがその背景としては同国には荘園や神社が多くこうした畿内
中央との交流が多かったとされている。その作風は鍛えが杢目に白気映りが現れその刃紋は匂口が締まる直刃できで帽子も穏やかな丸く返る特徴があります。この形態は室町時代末期まで続く。

葵美術より一言:本作の古三原は身幅が広めで重ねやや厚く表裏に棒樋を彫り茎に達する。反りが深く鋒がのびた体配の良い姿をした作品です。地金は柔らかく板目肌となり白気映りがよく現れて乱れ映り風となる。 刃紋は直刃締まり食い違い刃が混じり細かなネズミ足が見て取れる。帽子は大きく綺麗に丸く返る。表に延命福寿と彫られている。 縁起をかついで幸運を祈ったのでしょう。鎌倉時代末期に製作され、室町時代末期頃に延命福寿と彫ったと考えられます。時代の古い古三原の作品で映りが良く現れ穏やかな直刃できの作品を是非お勧めいたします。

特別保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

オークション開始価格: 600,000円

ご入札はこちら


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ