刀:無銘(古一文字)

注文番号:AS18331

刀:白鞘入り(保存刀剣)(委託品)
銘:無銘(古一文字)

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は無銘(古一文字)としては上作にランクされる作品です。

研磨済み
刃長:2尺2寸4分(67.87センチ)
反り:1.7 cm (5分6厘)
目釘穴:3個
元幅:2.88センチ
先幅:1.95センチ
重ね:0.41センチ
時代:鎌倉時代
体配:大須利上げ無銘で身幅やや広く重ね
尋常な反りやや広く切先がすこし延びごころの作品
地鉄:杢目肌よく練れて地錵が付き映りが現れる。
刃紋:小錵出来丁字乱れに互の目乱れが混じりやや滲みが目立つ。
帽子小錵出来のたれて先掃掛となる。

特徴:古一文字一派は鎌倉時代初期の刀工群で
福岡一文字以前の一文字の祖先と言えます。
則宗を始め、延房、宗吉、助宗、行國、助成、助延など名だたる刀工が活躍する。
福岡一文字の華やかな作品とは異なり古備前とも酷似しており、
その区分けは難しい。強いていえば丁字が目立ち映りが鮮明になる特徴がある。

葵美術より一言:格調ある古一文字一派は古備前の特徴を有しております。
鎬地の杢目肌は流石鎌倉時代の特徴がでており無垢鍛えの特徴を有する。
800年の時代を経過した格調ある一文字の作品は多少の地肌に弛みはあるものの
魅力のある見事な作品と言えます。
本作は鎬地があり棒樋がないのは幸運で古一文字の鎬地の地金が良く見てとれます。

時代背景:1206年 チンギスハーンがモンゴルを統一する。
1203年源実朝が鎌倉幕府の将軍となる。

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

オークション開始価格:1,350,000円(消費税、国内送料共)

落札者あり


—————————————————————————
当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
委託販売規約、及び刀の買い取りについてをご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
—————————————————————————


ページトップ ご注文フォーム お問合せ