刀:無銘(千代鶴守弘)

ご注文番号:15033
刀:白鞘入り、拵え付き(保存刀剣)(委託品)
銘:無銘(千代鶴守弘)
中古刀:上作:越前
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は 無銘 千代鶴守広としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:銀一重
刃長:68.4センチ
反り:1.9センチ
目釘穴:3個
元幅:2.94センチ
先幅:2.28センチ
重ね:0.713センチ
時代:南北朝時代末期から室町時代初期応永
体配:大摺上無銘で表裏に棒樋を掻き通し身幅、重ねしっかりと反りが深く付き切先が延びた豪壮な体配をした作品です。
地鉄:板目肌よく練れて地錵が付き柾目が混じり肌立つ地金となる。
差裏の刃区より10センチ程の部分に戦った痕跡の打ち込み瑕がある。地には映りが現れる。
刃紋:錵出来、二重刃、三重刃となり互の目乱れがなじり足、葉が盛んに働き帽子乱れ込んで野趣に富む。
特徴:千代鶴守弘は千代鶴國安の子で来一派の流れとして越前に移住し越前刀との影響を受け越前来として名をなし独特な作風を制作する。本作は大摺上げ無銘ながら身幅が広く反りが深い堂々とした体配の〈作品で地には映りがあらわれ地金は来一派のやや弱い来地金を呈している。
拵:
鍔:木爪型鉄鍔に蛙に話しかける人物(恐らく中国の物語)から引用した図柄を高彫りし素銅地を入れる
縁頭:赤銅地に雲のずがたを彫る
鞘:はなやかな鮫鞘(梅花皮)
目貫:素銅地で土筆の図柄を素銅地で高彫りする。
葵美術より一言:当時の体配を見る様な反りの深い堂々とした作品で地金は来地金の風を呈し刃紋は華やかな乱れ刃となりハバキ元近くに戦った痕跡の打ち込み瑕がある。
地金には淡い映りが表れて時代の古さを感じさせ拵の鞘は華やかな鮫鞘(梅花皮)で造られております。
時代背景:南北朝時代末期
保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形
価格:800,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
委託販売規約、及び刀の買い取りについてをご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム



ページトップ ご注文フォーム お問合せ