刀:無銘(加州勝家)

ご注文番号:21399
刀:白鞘入り(保存刀剣)
銘:無銘(加州勝家)

鞘書:備州康光 長二尺二寸五分有之
本阿弥光(花押)

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は無銘(加州勝家)としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:金着一重
刃長:67.8センチ
反り:1.9センチ
目釘穴:3個
元幅:2.75センチ
先幅:1.88センチ
重ね:0.66センチ
刀身重量:595 グラム
時代:室町時代中期頃
体配:身幅、重ね尋常な反りの深い作品で
表裏に棒樋を彫り中切っ先となる体配の良い作品
地鉄:板目肌に杢目肌がよく練れて地沸がつき
地景が入る精良な地金となる。
刃紋:小丁子に小互の目乱れが続き
刃中小足、葉が盛に働き小ずんだ刃紋となり金筋、葉が働く。
帽子、乱れ込んで先尖って小丸に返る  淡い映りが現れる。

特徴:加州勝家は陀羅尼派の祖と言われ三郎右衛門と称し
越前千代鶴派の国次の子と言われている。

葵美術より一言:以前は太刀銘で康光と銘あった作品ですが近年銘が消され加州勝家と鑑定された作品です。地金が良いことと刃紋が小丁子乱れであり一見すると古さを感じさせるが小詰む刃紋であるために体配の良さ地金の美しさはありますが加州勝家と鑑定されました。  勝家は初代は享徳(1452年)頃で室町時代末期元亀まで5代続と言われております。但し時代が下がるに従い地金が荒れたり品質が悪くなる傾向になります。本作は時代が上がる為に地金がよく加州勝家でも初期の作品に近い室町時代中期頃の作品です。

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 500,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ